京都迎賓館が通年公開されるそうです。

 

通年の一般公開は7月下旬からで、
そのための試験公開を
4月28日から5月9日にやる
と予定されています。

 

注目度が上がること
間違いないですね~。

 

京都迎賓館の一般公開(2016)の整理券と混雑状況はどうなるのかな?

2016年の一般公開は7月の下旬です。
ちょうど子供は夏休みの時期ですね。

 

家族連れでの見学を
ねらっているのかなぁ(笑)

 

行ってみたい!
ということで・・・

 

4月28日から5月9日の期間
にやると予定されている
試験公開について調べてみました。

 

京都迎賓館の試験公開で
いまわかっていることは以下です。

京都迎賓館

期間:4月28日から5月9日
時間:午前10時から午後5時
定員:1日1500人(4月28日から5月3日)
 1日2000人(5月4日から5月9日)

 

事前申し込みは不要で、
当日に先着順で入館のための
時間を指定された整理券が配られる予定です。

 

あ~、これは早朝から
行列ができること間違いないですね(笑)

 

私は初日の28日が比較的空いていて
穴だと思います!

 

こういうの初日が
ほかの日に比べると全然
人が少ないことが多いです。

 

神戸のルミナリエとか
ほかのイベントの集客状況を
調べたことがあるのですが、
だいたいそんな傾向なんですよね~。

 

29日は金曜日ですが、
昭和の日で祝日です。

 

そこからゴールデンウィークに
入るのでかなり混雑するのは必至です(苦笑)

 

初日が良さげですね!

 

 

あと整理券の配布状況は
どうなのかな?と気になりました。

 

東京赤坂の迎賓館が京都より
先に試験公開しているので
参考程度に調べてみました。

 

赤坂では早朝に行って
昼12時くらいの整理券がもらえたり、
昼前くらいに行ったらまだ整理券が
残っていて16時くらいの整理券が
もらえた人がいたようです。

 

思ったより空いてますねw
意外でした。

 

ただ京都は油断してはいけないなぁ~
と思います!

 

京都は外国の方にも人気だし、
なんせ定員が京都のほうが少ないです(苦笑)

 

京都のほうが
整理券の争奪戦になりそうな
予感が大いにあります(笑)

 

私は午前中には行かないと
見学できないだろうと思っています!

スポンサーリンク

館内はどうなっているか調べてみた。

行った方の資料がありました。

 

まさに
日本文化ここにあり
という景観です。

 

これは海外からの
観光客の誘致に繋がるでしょう。

 

私は特に内部の行き届いた
綺麗な空間にビックリしました!

 

飾りやデザインが綺麗
なのはもちろんですが、
草木の緑や庭の池などを見ると
キレイすぎるほど素晴らしく
手入れしてあるところに
自然と目がいってしまいます。

 

職業柄、キレイさを保つ
っていうところは
気になってみてしまうので
学べることがあるかもしれませんわ♪

 

いままであまり公開されなかった
のは惜しいです。

 

一般公開の目的は
観光客誘致と言われていて
海外に向けて・・・
というのが趣旨にあるそうですが、、

 

私は日本人として
守っていきたい景観だと思うし、
日本ながらの「和」の良さを
日本のみんなが感じていったら
伝統を守っていくことに繋がる
と思うので良いなぁと思います!

 

自宅は和風のほうが良い
っていう人も増えそうですね(笑)

 

京都迎賓館、いつか行きたいです!