東京オリンピックエンブレムに
A案の「組市松紋」が決定していますね。

 

組市松紋って何なんだろ・・・
気になりますね!

 

組市松紋(東京五輪エンブレム)とはどんな意味があるの?

組市松紋に込められている意味を
調べてみました。

東京五輪エンブレム

引用元:https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/evaluation/

歴史的に世界中で愛され、
日本では江戸時代に
「市松模様(いちまつもよう)」
として広まったチェッカーデザインを、
日本の伝統色である藍色で、
粋な日本らしさを描いた。

カラフルにして
近未来的なエンブレムのほうが
一般ウケは良さそうです。

 

でもあえて藍色1色にして
日本らしさを出したところが
良かったんですね~。

 

わたしは4つの案をくらべたときに
パッと見てA案はないよなぁ・・・
と思ったんですが、

 

今一度見てみると
A案の「組市松紋」が
一番日本らしさを感じるし、
似たり寄ったりなデザインじゃないから
やっぱりこれはいいなぁと思えます!

 

 

他の国とかでは真似できない
デザインですよね~。

 

形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、
国や文化・思想などの違いを示す。
違いはあってもそれらを超えて
つながり合うデザインに、
「多様性と調和」のメッセージを込め、
オリンピック・パラリンピックが
多様性を認め合い、
つながる世界を目指す場であることを表した。

 

よく見ると四角形の大きさが
違うから簡単そうに見えて
作るのはかなり大変だったはず
と思いました。

 

オリンピックの方は
なんとなんとの・・・
左右非対称ですからね(苦笑)

 

形(国や文化など)は違えども
ちゃんと点で繋がり合って
ひとつの輪(和)ができているのが
素晴らしいです。

 

見方によっては
真ん中に花びらがあるように
デザインされてるところが
凄いと思いました!

 

パッと見では良さはわからない・・・
見れば見るほど
味が感じられるエンブレムに思います♪

スポンサーリンク

モチーフの市松模様の歴史が気になる!

モチーフになってる市松模様の
歴史が気になりました。

市松模様

市松模様は、
2色の正方形を交互に
配置して作られている柄です。

 

古墳時代の埴輪の服にも
この柄があったそうです。

 

古代からある柄で
江戸時代に歌舞伎役者が
この柄の袴を履いたことで
人気が出て流行していますね。

 

となると東京オリンピックに向けて
またこういったチェック柄が流行るだろうなぁ・・・。

 

この白とネイビーの
組み合わせ自体は
結構最近のはやりで
雑誌にもよく載ってますね~。

 

 

個人的に好きで
コーディネートでも
取り入れています!

 

市松模様が実際に
流行るかは微妙ですが、
世界的に再評価されるはず♪

 

この模様だけじゃなくて
日本の伝統的は柄や
家紋とかの形とかも
海外から注目されるかと。

 

わたしは市松模様モチーフの
チェック柄は流行ると思っています!