「僕のヤバイ妻」の7話で
アドキシンの作り方の詳細が
説明されてましたね~。

 

アドキシンについては
以前、書いていました。

 

アドキシン(毒薬)やうるし豆は実在するの?
ドラマ『僕のヤバイ妻』で話題!

 

 

7話で杏奈と幸平が
アドキシンを作っていました。

 

ドラマではかなり毒性が強いです。
おそろしや~。

 

アドキシンの作り方をまとめてみました。
もしかして解毒方法はあるのかな!?

アドキシンの作り方をまとめてみた。

アドキシンはうるし豆から作ることができます。
杏奈は通販で買っていました。

 

※以前にも書きましたが
うるし豆は実在しません。
あくまでもドラマの中でのものです。

 

これがうるし豆の種です。

 

うるし豆の種

 

触るだけでかぶれるので
気を付けないといけないそう。

 

わたし的に、
じゃあリビングにその状態で
隠して置いとくとまずいでしょ・・・
と思った(苦笑)

 

アドキシンの作り方は以下です。

 

 

うるし豆の種を細かくすり潰す。

うるし豆の種を細かくすり潰す

 
水と溶媒のクメンエチルと混ぜてかくはんさせる。

水と溶媒のクメンエチルと混ぜてかくはんさせる。

 
分離した毒素を抽出する。

分離した毒素を抽出する。

 
リービッヒ冷却器を使い 蒸留。

リービッヒ冷却器を使い 蒸留。

 
集めた蒸留水を加熱する。

集めた蒸留水を加熱する。

 
全ての水分が蒸発すると白い粉が残る。

アドキシン

 
これがアドキシンです。

 

作り方は割と本格的に思いました!
杏奈って理系女子なんですね~。

 

自宅にこんなにも
実験セットが揃ってることが
かなり怪しいですけど(苦笑)

 

独学で学んでたら秀才ですねwww

 

わたしは
杏奈が毒劇物を
こんな風に取り扱えるのなら、
カフェで働かずに
薬品の仕事したら良いのに
って思うなぁ。。

 

 

こんなに詳細に作り方を教えてくれるなら
ひょっとして実際に作れちゃうの?
とまた思えてきます。。

 

 

あらためてまとめると・・・

 

うるし豆はやっぱり存在しません。
溶媒で使われるクメンエチルも
実際は生成できないので存在しない物質です。
だからアドキシンは作れませんね!

 

ドラマの中だけの物質でヨカッタ\(^o^)/

スポンサーリンク

解毒方法はあるの!?

くり返しますが
アドキシンは実在しない物質です。

 

だったらわたしは、
解毒する方法も

(実在しない物質で)
あったりしないのかな?
なんて考えました。

 

でもそうなるとドラマの中では
なんでもありになっちゃいますねwww

 

解毒する方法はないし、
アドキシンを使っても
ほぼ間違いなく病死判定が出る
っていう設定だから
このドラマは面白みが出るんです!

 

 

個人的には
「解毒方法はない」
と結論付けました(笑)