ドラマ『僕のヤバイ妻』、
観ました。

 

初回からハラハラしつつ
楽しめました。

 

やっぱり事件や色恋が
絡むとおもしろいですね(笑)

アドキシン(毒薬)は実在するの?ドラマ『僕のヤバイ妻』で話題!

『僕のヤバイ妻』をみて
気になったことがあります。

僕のヤバイ妻

 

それはドラマ内で出てきた
毒薬のアドキシンって実在するの?
ってこと。

 

わたしは一応、薬局で働いてますけど
そんなもの聞いたことない・・・(苦笑)

 

ドラマ『僕のヤバイ妻』で
相武紗季が説明していたことを
まとめてみました。

 

アドキシン

・うるし豆から抽出できる

・大学で実験とかやっていたら
割と簡単にできる

・体内に入ると12時間以内に
激しい嘔吐と下痢、発熱の症状が出る

・毒素が細胞を壊して
飲んだら臓器不全に陥り2日ほどで亡くなる

・ほぼ間違いなく病死と判定される

 

 

ドラマでは相武紗季が通販で
うるし豆を購入して抽出しています。
そんなに簡単にアドキシンが
手に入ったら怖いわwww
と思ってみていましたよ(苦笑)

 

 

アドキシンについて調べてみました。

ん・・・、情報がまるでないので
これは実在しないですね~。

 

あくまでも架空の毒薬で
間違いないと思います。

 

うむ、ホッとしました。
こんなの実在したら・・・
たまらんからなぁ。。

 

しかもほぼ解剖で
病死と判定されるとか
全然現代医学が発達してないやんwww
って思うところだわ(笑)

 

てか考えてみると、
こういうのはミステリーもので
よくあるみたいで。。

 

アニメでも名探偵コナンで
アポトキシンが有名ですね!

 

これも架空の毒薬です(苦笑)

 

~トキシンというのは
毒素を意味するので
そういうところから
造語が生まれているはず。

 

わたしが思うに、
アドキシンの場合・・・

アド+トキシン

が合わさって
出来た造語に思います。

 

アドは英語で「ad」
接頭語で~のほうへという意味合いですね。

~のほうへ+毒=猛毒の象徴(?)

 

毒薬の象徴として
この造語が使われたと考えられます。

スポンサーリンク

うるし豆は実在するの?

うるし豆は実在するのかも、
調べてみました。

 

うるし豆も毒物なのかと
不安な人は多いと思います。

 

でもこれも実在しませんね!

 

「ウルシ」とか「豆」とかは
かなり馴染みのある言葉なので
うるし豆はあるかも
と思ったんですがないですwww

 

あぁ、これで一安心ですわ。

 

わたしは結構まじめだから
こういうのは真に受けやすいと感じた(苦笑)

 

落ち着いて考えれば
入手経路やアリバイなどから
わかっちゃうので
こんなのがあっても
主人公のように使えないですね・・・。

 

【追記】
第7話で幸平と杏奈が
アドキシンを作るシーンがあったので
こちらに追記しました。

アドキシンの作り方をまとめてみた。
解毒方法はあるの!?

 

 

てか主人公は
ワインをもっとはやく
捨てるべきだったよね(笑)

 

 

ドラマに出てきた赤ワインはこちら。

ルアモールエテルネル(僕のヤバイ妻の赤ワイン)の
意味や味の評判が気になる!美味しいのかなぁ