pokevisionが
使えない状態になってますが、

 

その代わりにpokedokoとか
Go Radarというアプリがありますね~。
でもそれらは
過去にポケモンが出現した場所
がわかるサービスです。

 

みんなで情報を共有しようと
うまいこと考えるなぁと思うんですが
ほぼ東京の情報です(苦笑)

 

地元の情報がないから
わたしが使う意味ないやん。。

 

そういえば
pokevisionと同じような
ポケモンの現在位置がわかる
サービスってまだあるのか
気になりました。。

 

調べるとP-GO SEARCHが
使える状態でした(笑)

P-GO SEARCHはpokevisionの代わりになるの!?

P-GO SEARCH
(ピーゴーサーチ)は、
pokevisionと同じくしばらく
使えない状態でしたが、
なんと8月8日に
復活していました。

 

あ~マジですか!
(本当でした。)

 

でも個人的には
あらためて考えると
イタチごっこの感じが
正直、嫌だなぁと思った!(苦笑)

 

まぁちょっと
ニヤッとしてしまった
自分はいるけど。。

 

 

考えると先日、ポケモンGOが
アップデートされたのって
pokevisionや
P-GO SEARCHとかの
現在位置情報サービス対策のようなもんでしょ・・・。

 

また使えるようになっているとは
製作者の想いに反してるわけなんで
控えるべきですよね。。

 

わたしは
ポケモンが出た場所をネット上とかで
みんなで情報共有しながらやることが
このゲームの楽しみ方に思うから、

 

だから外を出歩いたり
いろんな人とコミュニケーションとれて
楽しいんやん(笑)

 

そこをもっとみんなと
楽しみたいよね~♪

 

 

現状は、
P-GO SEARCHが
pokevisionの代わりに使えているけど、
いずれはまた
使えなくなると思います!

 

ポケモンGOの面白い裏技はこちら。

ポケモンGOで勝手に動く(自動で歩く)ようにする方法

スポンサーリンク

危険性を調べてみた。

心配ごととしては、

個人情報が漏れないか、
ウイルスの心配はないのか、

この2つですね。。

 

いろいろ
調べてみたんですが
いまのところ、
個人情報(住所や居場所)がバレることや
ウイルスに感染した例はありませんでした。

 

わたしが試しに使ってみたところ、
セキュリティソフトはノートンを入れていますが
問題ないのでいまのところは
この危険性は大丈夫ですね!

 

ただいちばんの問題点は
ポケモンGOを開発した
ナイアンティックCEOが
この情報サービスを
認めていないことです。

 

「嫌い。面白くない。」
って言ってますからね(苦笑)

 

だからpokevisionは
エライなぁって思いますよ。。

 

個人的にはこのサービスを
使い続けることが

危険に感じました(苦笑)