雅子さまは小和田家のご出身で
もともと外務省のキャリア官僚
というエリートでしたが
皇太子さまと結婚されました。

 

雅子さまの結婚当時写真

 

2001年に愛子さまを
ご出産されましたが、
2004年に適応障害という病気を
患っていることが公表されました。

 

現在も完全に
復調されないままで
かなり長引いていますね。。

 

そしていまでは雅子さまの病気は
適応障害とはちがうのではないかと
いろいろ指摘する医師もいるみたいです。

 

そう、雅子様には
「本当はちがう病気説」
が出ているんです。

 

雅子様の病名は本当は何なのでしょうか、
そして病気の状態も気になります。

 

雅子様の画像写真

 

医師の指摘やネットの
意見をチェックして
まとめてみました。

スポンサーリンク

雅子様の本当の病名は何なの!?医師の指摘やネットの意見をまとめてみた

 

雅子様は2001年12月1日に
結婚から8年あまりで
第一子になる愛子さまを
出産されました。

 

そして2003年12月に
帯状疱疹で入院され、
公務を休んで療養に入りました。

 

これが現在まで続いている
病気のはじまりと言われています。

 

わたしも帯状疱疹に
なったことはありますが
入院するまでではなかったです。
雅子様はいま考えるとこのころから
深刻な感じだったと察します。。

 

2004年5月10日には
皇太子さまは以下のように
発言されました。

 

雅子にはこの10年,
自分を一生懸命,
皇室の環境に適応させようと思いつつ
努力してきましたが,
私が見るところ,
そのことで疲れ切って
しまっているように見えます。

 

それまでの雅子のキャリアや,
そのことに基づいた
雅子の人格を否定するような
動きがあったことも事実です。

情報源: デンマーク・ポルトガル・スペインご訪問に際し

 

 

これは皇太子さまが
デンマーク・ポルトガル・スペインに
ご訪問されたときの発言で、

 

雅子さまが一緒に行けなった理由や
体調を聞かれたときの返答の一部です。

 

スポンサーリンク

 

この会見の数カ月後、、

 

2004年7月30日に
宮内庁より雅子様は
「適応障害」であることが
公表されました。

 

適応障害とは
精神障害の一種で、

 

社会生活において
誰でも遭遇するストレスによって
予想外に精神的ダメージを受けた状態です。

 

適応障害を治すには
そのストレスから離れるか
適応力をつけることと言われています。

 

雅子様は
皇室の環境に
なかなか適応できなかった
ということですね。

 

もしわたしだったら…
と考えると、

 

やっぱり皇室の務めなんて
絶対できないです/(^o^)\ハイ

 

確か雅子様は所作や
身なりなどを
細かく指摘されてたりして
品性が皇族として
相応しくないなど
世間からバッシングされた
ことがあったと思います。

 

離婚などできないし
こういった環境に慣れないことや
愛子さまが生まれて
育児のストレスも重なった
ことが原因にありそうですね。。

 

子供の頃は
皇族をみてると
大体ニコニコして手を振ったり
するくらいだけだから良いなぁ~
なんて軽々しく思ってたけど←

 

実際はかなりの重労働っぽいので
それをやってのける皇族には
敬意を示さないとなぁ
という感情がいまはありますわ。。
(´・ω・`)トホホ

 

スポンサーリンク

 

医師団は雅子様の
ストレス軽減を目的に
薬物治療をしました。

 

そして雅子様は
その副作用で
昼と夜が逆転する
生活になっていました。

 

雅子様の病気は
適応障害と宮内庁が発表して
これまで変更されていません。

 

そして雅子様の
公務の出欠の判断は
当日の体調を考慮して
宮内庁の医師団が
最終決定しているそうですね。

 

 

これまでに
愛子さまの教育の悩みなど
ストレスの要因は
いろいろとありましたが

 

いまでは快方には向かっていて
生活リズムは皇太子さまと
ほとんど変わらなくなったそうです。

 

スポンサーリンク

 

しかしながら
ネット上だけでなく
国民の間では
これまで病状が改善されて
こなかったことから
様々な病気が憶測されてきました。

 

たとえば
本当の病気として
噂されているのが以下です。

 

・統合失調症
・双極性障害Ⅱ型(躁うつ病)
・ディスチミア症候群
・更年期障害とPTSD(心的ストレス障害)
・強迫神経症
・不安神経症
・自律神経失調症
・産後うつ

 

数が多いですね(汗)
ほんとに。。

 

ネット上の意見もありますが
いろんな医師が指摘しているので
本当の病気はなんなんだか
よくわからない状態になっています(苦笑)

 

病気療養して
もう15年くらいになるのですが
なかなか回復しなかったことから
適応障害という
診断は不適切だとか
誤診ではないかとの指摘が
複数の医師からあるんですね。

 

(最近は順調な回復ぶり
と言われていますが…)

 

適応障害の場合は
原因のストレスから離れると
次第に体調が回復すると言われています。

 

スポンサーリンク

 

ん~、療養しても
回復してこなかった
実情があるので
適応障害ではなく
時期からしてみて
「産後うつ」と判断されても
仕方ないと思いますね!

 

ただ雅子様は
皇室の環境からは
離れることはできませんし
ずっと子育てで頭が
いっぱいだったはず、、
ストレスと対峙する毎日
だっただろうと思われます。。

 

今後おそらく
宮内庁が誤診を認めることは
ないでしょうし、

 

たとえば出産や育児で
(愛子さまが原因で)
病気になったというのであっても
そんな真実は説明し難いですから

 

あくまでも病名は
「適応障害」にしていて、
真相は隠されてるように
考えられるなぁ…(´・ω・`)

 

個人的には
産後うつという見方は
いい線いってると思っていますが
いまとなっては
かなり判断がしにくすぎだろー
と思いますよ。。

 

主治医より知れることは
圧倒的に少ないし
はっきりさせることは困難だわ。

 

とにかく雅子様、
あまり無理をなさらずに
お体を大事にしていただきたいです。