欅坂46のサードシングル、
二人セゾンのMV動画が
YouTubeで公開されたので
早速チェックしてみました。

 

「サイレントマジョリティー」も
「世界には愛しかない」も
楽曲的に好きなので
3枚目シングルも楽しみでした♪

 

 

これまでのシングルは
想像とは全くちがったものだったし
次も良い意味で裏切ってくれる
と期待していた(笑)

 

二人セゾン(欅坂46)の
MV動画をみた感想と、

 

歌詞の意味について
書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

二人セゾン(欅坂46)のMV動画の感想!

欅坂46「二人セゾン」の
動画をみました。

 

 

平手友梨奈のアップ
からの映像ですね。

 

個人的には
中学生センターの彼女を
いつの間にか
応援したくなっちゃってて、

 

どうしても気になるから
欅坂46をチェックしてます(笑)

 

そんな感じなので
今回も彼女がプッシュされていて
嬉しいです\(^o^)/

 

メンバーからは
多少なりとも妬まれたり
してるかもですが

 

負けずに頑張れ!
って応援したくなる
そんな存在です♪

スポンサーリンク

曲調は今回は
めっちゃくちゃ爽やかですね~。

 

彼女らの爽やかさが
120%以上出てる!
そんな印象です。

 

キーが高音の
心地良いところで
保たれています。

 

やっとアイドルとしての
王道よりの歌を歌ってきたかぁ
と思った(笑)

 

ただこれまでの
シングル曲と比較して
インパクトに欠けるのが
ちょっと残念ですね(苦笑)

 

 

まぁ3枚目なので
これはこれでありです~。

 

 

その分、
ライブでの平手友梨奈の
ソロダンスに期待大ですよ\(^o^)/

 

間奏は見応えありそう(笑)

 

それにしても、

 

このフレッシュさなら
新しいファンも付くよなぁ
と思いました!

スポンサーリンク

歌詞の意味を考えてみた♪

「二人セゾン」の
歌詞の意味について
考えてみました。

 

 

出だしから
「二人セゾン」
繰り返す歌詞です。

 

セゾンってどういう意味か
調べてみたら、

 

フランス語でsaisonと書いて、
季節・シーズンという意味でした。

 

スポンサーリンク

 

ということで
もう一度歌詞を見てみると、

 

2人で一緒に過ごした
季節(セゾン)を
切なく振り返る内容です。

 

 

春夏に芽吹いて
秋冬に跡形がないほど
草花が散ってしまっているありさまと

 

春夏に出会って恋して
秋冬に別れた君との思い出を
リンクさせて表現しています。

 

儚くも美しいのは
草木の情景の移り変わりと
君との思い出ということですね♪

 

あと、最後のほうに
「はじめて感じたときめき」
とあるので

 

初恋の思い出を
振り返っていると
思いました!

 

主人公にとっては
この初恋がとっても
素敵な良い思い出に
なってるんでしょうね~。

 

羨ましいですわい!

スポンサーリンク

うむ、まぁ個人的には
儚くて美しいっていう歌詞は
大好きなんです(笑)

 

永遠に・・・
っていう歌詞だと
ウソ臭いと思っちゃうし、

 

儚げな方が
現実を受け入れられている
と思うし、

 

そんな強さと美しさが
ありますよね~!

 

「二人セゾン」
そして「君のセゾン」
と歌っていて

 

最後の最後に
「僕のセゾン」
といって終わっています。

 

これはニクい
表現方法ですね~(苦笑)

 

最後は
自分の思い出として
心にしまっておくよ
的なやつでしょうねwww

 

こういう歌詞も好きですよ(笑)